FC2ブログ
おまえの暇な指先に 3億円をひっかけろ

FXと改良メダカ。どっちもネズミ算式に増やす!(つもり)

  おまえの暇な指先に 3億円をひっかけろのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日常 > 寄生虫センセイ  2/2  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄生虫センセイ  2/2

2008 - 10/05 [Sun]

《~昨日の記事の続き~》 ←こちらからどうぞ。



日本語があまり通じないその医師は、
レントゲン写真を前に、まだしゃべり続ける。



「アナタ、食べすぎですネ。胃がパンパンネ。」

「アナタはネ、胃の中に寄生虫がいますネ。
ホラ ここ。ここにも。
この寄生虫が、胃痛の原因デス。」

と、レントゲン写真にぼんやり写る胃の内容物を指差す。





誤診だ・・・と思った。



なぜなら、
胃には、大量のお好み焼きと回転寿司が入っている。
シラスも食べた。
イカゲソも食べた。


先生、あなたは咀嚼された刺身と寄生虫を、
レントゲンで見分けられるんでsky?


そもそも、だったらもっと痩せてるはずだ。



結局そのまま入院させられ、
ベッドの上で土下座スタイルに丸まったまま、
悪化する痛みに悶絶するはめになった。



寄生虫 入院

めだか算画伯・土下寝




「痛み止めは、こんなに打ったらイケナイんですけど」
と、看護士さんは言いつつ、
一晩中痛み止め注射を打ち続ける。


イケナイけど、打っちゃえ!?


肝試し名所として有名な廃屋病院よりも、
リアルに怖いです、この病院。



後日
病院へ連れて行ってくれた友人が言うには、
医師は友人に例のレントゲン写真を見せながら、


「コレ、うん○。コレモ、うん○。全部、うん○。
うん○がいっぱい詰まりすぎネ。」


と、腸内の物体群を指し示したらしい。



さらに、廊下でも今度は看護士が同じように
レントゲンに写る《詰まり過ぎなモノ》を、
友人に指し示したらしい。
2回目だ。



アンタら、
写真に写る大量のうん○は、
友人に見せなくても結構なんですが!!

カッコ悪い?



 orz




ブログランキングに参加しています。
更新の励みにするので、クリックお願いします。

バナー


スポンサーサイト

こっここは(゚Д゚≡゚Д゚)?
どこですか?
どこの病院ですか?

カン〇ジア?
ミャン〇ー?

それとも野戦病院?


それにしても、診察結果をご丁寧に友人にまで見せるっていうのが何とも可笑しいです。

「タダノタベスギアルネ(中国人?)」程度じゃないんですね・・・。

外国の医者

外国に住んでいらっしゃるんですか。それとも日本の病院で外国人が医師の病院?外国だとしたら、ほんと、病院って一番行きたくない場所かも;症状を正しく伝えることが難しいし、けっこうこっちの病院って、ろくに調べもせず適当に見てるところが多い気がする。ティータイムはちゃんととるので、その間は患者を診てくれることはないし;薬のことを説明する看護士も、家族と電話しながら、その合間に説明してる、って感じだったこともあるし。ほんと、適当です;

今回の場合に限らず、外人さんが日本語を喋れたとしても微妙なニュアンスまで伝えるのは不可能ですよね。
めだか算さんのような思いはしたくないなぁ・・・。

かずさんへ

ほんと、まさか日本とは思いがたいです。
夜が明けてから分かったのですが、自分以外に入院
していたのは、みな寝たきりに近いお年寄りばかりでした。
治すための治療をしていない(できない?)病院を、
救急病院にしたら、助かる命も助かりません。
あ、自分は助かったけど。

医師や看護士には、守秘義務があるのかと思ってました。
恥かきました。ぅ・訴えてやる~~~。

guapaさんへ

コメントありがとうございます(嬉)!
それが、日本なんです。日本の病院で、医師が外国人です
日本の病院も、油断がなりません(汗)

そちらがそんなに適当だとは、想像つきませんでした。
ラテンの血なのでしょうか。
自分のバックパッカー時代には、バルセロナで
「将来ここに住みたい!」と思ったのを覚えています。
ちなみに、自分が住んでいた国では盲腸の手術で
人が死ぬ事もたまにありました。
海外の病院は、ほんと行きたくない場所です。

フッシーさんへ

この医師は、まるで日本語をよく理解しているかのように
絶妙なタイミングで相槌を打つんです。
が、会話の内容はすれ違いまくりですが、雰囲気的には
スムーズな会話に見えてしまいます・・・。
彼に医師免許を与えたのは誰だ~~。
って、持っていなかったりして(怖)。

寝たきりのお年寄りばかりが入院している病院で、
まさに「入ったら二度と出られない」病院のようです。
あのベッドでも何人か亡くなっているのかも。。。(泣)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://medakazan.blog60.fc2.com/tb.php/108-be58312b

 | HOME | 

プロフィール

めだか算 (めだかざん)

Author:めだか算 (めだかざん)
記事更新しつつ、FXのデイトレ。

ながらデイトレは、勝率が下がります。

最新コメント

月別アーカイブ

只今のマーケット

犬・猫の家探し

名言・格言集

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。