おまえの暇な指先に 3億円をひっかけろ

FXと改良メダカ。どっちもネズミ算式に増やす!(つもり)

  おまえの暇な指先に 3億円をひっかけろのナビゲーター   トップページ > 2009年03月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スノーボード1・2 と 楊貴妃入園と 休止

2009 - 03/08 [Sun]

(スノーボード・1)


ヒトは、落下をすると、
その落下している間の時間を、長く感じる事がある。

落下中には、景色がゆっくりコマ送りになったり、
場合によっては、走馬灯まで見えちゃったりもする。



これは、危機を脱出する為の“考える時間”を、
脳がヒトに与える事で起きる現象だそうだ。

だから、危険な時に起こるコマ送りタイムには
それこを必死で、助かる方法を考えなければならない。



ところで、自分はスノーボード(以下ボード)での
ジャンプ(=エア)が苦手だ。


苦手でも、これは大会や検定指導で必須である、

なので仕方なく、
ゲレンデにジャンプできそうなコブを見つける度に
目ざとく突撃し踏み切る傾向がある。練習だ。


以前にも、いつも通り
コブで思い切り踏み切った事があった。

が、いつも通りでないのは、
その後空中へ飛び出してから、
着地したいところに雪面が無かった事だ。



踏み切り台にしたコブのすぐ向こうは
切り立った崖だったのだ。

まさかの魔坂。(っていうか、崖)



自分は、放物線を描いて落下していく。

打出地点と到達地点に高低差のある放物運動で、
初速と打出角と打出場所の高度が分かっている場合、
実際の滞空時間を求める事ができる。

が、この場合、高低差(打出し場所の高度)が不明なので
滞空時間も不明である。

っていうか、リアルな滞空時間が分ったところで
何の意味があろうか。




そして、自分が落下していく正面には、大木があった。
深い緑の針葉樹林だ。


この大木が、コマ送りでゆっくり自分に迫ってくる。

ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃーーーっっ(恐)




結果、

自分はボード板を履いた足で大木に飛び蹴りを
かまし、ドサッと深雪の中に落ちた。


危ない所だった。

骨折や脳震盪で済んだら、ラッキーだろう。
下に、稼動中の除雪車や、雪に突き立った竹棒があったら
本当に大変な事になる。


運が良かった。

深雪様へ落ちたおかげで、ほぼ無傷だった。
口の中が血だらけで、顔の右側が擦り傷だらけで、
唇が上下タラコになっただけである。

ぁ、あと、肝の方が冷えました。レバーですね。


ただ。

帰路の道すがら、やや気になる事があった。

それは、あの危機的状況の中、自分の頭の中には
ひぃぃぃぃ~~っっっ
という情けない悲鳴の他に、何も無かった事だ。



危機からの脱出方法を考える為の
コマ送りタイムのはずだった。

せっかく、脳が与えてくれた(人生最後の?)
生き残りチャンスを、全く活用できていないでは無いか。
オーマイガッ。


非っ常~に、頼りにならない脳である。


これまで、転んでは
頭を散々ゲレンデに打ちつけてきたせいだろうか。
頭が雪面でバウンドするから、結構ひく。(ヒトゴトか)

以前気になって調べた時は、MRIとレントゲンの結果はOKだった。
今後気をつけたいと思う。




という訳で、

とあるゲレンデの大木には
高めの位置に傷がついていますが
これは巨大熊による樹皮剥ぎではありません。


多数の極小ヒビで脆くなっていそうな頭蓋骨の中に
残念な脳を持つめだか算が、
ボードのエッジで剥いだ傷です。


大木さん、すいません。
樹皮、来年くらいには治りそう?





・・・・・・・・・・・・・・
(スノーボード・2)


ゲレンデには、
パークという公園みたいな場所があったりする。

これは↓、レールといいます。(手すりのようなパイプの上を滑る)。



(全身が赤やオレンジだと、レスキュー隊みたいだ。
ゲレンデでは目立ってナンボ?!)



これ、ボードの板がボロボロになります。


そして、レールからの落ち方が悪いと
アバラ骨が結構折れます。



折るなら乗るな 乗るなら折るな

あばらがボギれると、クシャミしただけで激・痛いらしい。




・・・・・・・・・・・

(メダカ)


知り合いの知り合いの幼稚園で、
エアー付きヒーター付きの60cm水槽が余っているそうだ。
そして、金魚以外の住人を募集中だという。

ウチでは、去年の夏生まれのコ達が成長し、過密している。


諸手を挙げて立候補した。
両手あげまくりで、走り寄りたい。
(グリコか)


貰ってもらえる事になった。

60cmという事は、50-匹くらい入れるだろう。
が、50匹も届いたら、幼稚園は迷惑かもしれない。
直接の知り合いではないだけに、失礼のないよう
慎重さが要求される。

とりあえずとして、少なめの20匹だけをお送りしよう。


観賞目的と思われるので、F1や兄弟を避け、
しっかりと品種の特徴が出ているものを…、と
楊貴妃20匹を選んだ。



PC160153.jpg

PC160147.jpg


という訳で、週明けには、若い楊貴妃20匹が、幼稚園に

祝・ご入園~~である。



桜はまだだけど、梅がきれいに咲いてるよ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(休止)


今日は、長々とすみません。
(といいつつ、まだ続きます・焦)


皆さんのお陰でなんとか続いてきたこのブログですが、
やはり暫くの間、休止させていただきたいと思います。

というのも、
仕事が忙しくなり、自分のブログに記事を書いたり
皆さんのブログを訪問してコメントさせて頂いたりが
これまでのようには、出来そうに無いと思うのです。
「更新しなくては」と思いつつ、ひたすら先送りが
続くよりは、休止が良いと考えました。

こんな初心者のブログに温かくお付き合いくださり、
ありがとうございました。。。!
(もちろん、これからもブログへお邪魔させてくださいね。
ブログをお持ちでない方とは、暫くお会いできず残念です。)


ではでは。

仕事の環境が変わって、このブログを再開できた時には、
もしも良ければ、また遊びに来てくださいね♪


ブログは休止しますが、これからもよろしくお願いしま~す。





ゆっくりな更新でもOK!と、皆さんに励まして頂き
とてもしかったですYO^^






スポンサーサイト

歯ぶらしバタ足 茶系ピンクのメダカ

2009 - 03/05 [Thu]

ウチでは、電動ハブラシを使っている。

歯ブラシ
コレ



本体(機械部分)は家族で共有し
その先に各自がmy歯ブラシを取り付けて使う。




昨日のことだが、


歯を磨きつつ、ふと、ハブラシの“味”に違和感を感じた。
この違和感は、以前から時々気になっていたものだ。


そして、歯ブラシを良く確認してみたところ、なんと
これは連れ合いのハブラシであると判明した。


少なくとも10日前には、自分はこれを使うようになっていた。

という事は、相当に回数を重ねて、
歯ブラシを共有してきた事になるではないか。



すっげーショック

ショックのあまり、自分はフラリと寝室へ行き、
ベッドにどさっと倒れこんだ。
そして、ショックのバタ足をした。



そして今日、このショックから完全に立ち直った自分は
連れ合いにヘラヘラとこの顛末を教えてやった。


この話を聞くなり、
つれ合いは「ぉ゛~~~~……」っと小さく呻き
フラリと歩き去った。

おそらく、今頃ベッドでバタ足をしているものと思われる。



気の毒なつれ合いよ、お気持ちよーく分かりますょ。


でも、こんな事で人間死にゃ~せん。
がんばって立ち直ってください。 うひひひひひ




(歯ブラシの共有が平気なカップルも多いと思います。
自分たちも、一歩その域に近づいた気がします。)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
めだか


系統不明なコです。

これは誰だろう・・・。と
ひとしきり眺めましたが分りませんでした。


茶系ピンク1茶系ピンク2


どこかで見た事があるので、
珍しい種類ではないと思われます。

茶系ながら、肉眼で見るとこの1匹だけ
ピンクの色味が強く、よく目立っています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



カウンターを設置してみました。
流行っているのかなーと思い。(情報が遅い)


ブラグインにある「犬猫の里親募集」を
「犬・猫の家探し」へ変更しました。
里子という言葉は、人間の子供にも使われている為
動物に対して里子里親の単語を使う事は、ベストではない
という内容の記載があったので…。
もちろん、やぶさかでない。変更します。
でも、なかなか代わりの言葉が思い浮かびません。
とりあえず今回は「家探し」。もっと良い言葉ないかな。




なんか恥ずかしい書名 と メダカ撮影用ルーペ

2009 - 03/03 [Tue]

図書館から、せっせと本を借りている。

インターネットで蔵書を検索し、ネット予約するだけで、
あとは、週末に図書館のカウンターに立ち寄ればOKだ。

予約しておいた本を、まとめて受け取れる。


(以前は、借りずに買っていた。
読まないくせに次々買う為、既に買ったのと同じ本を再び買ってしまい
やたらと本が重複したものだ。3歩歩くと忘れる鳥頭。)



ちなみに、返却の際には、闇の中を
めだか算号(チャリです)で、夜間返却ポストへ行っている。



ところで

先日、図書館のHPへログインしたところ、
既に夜間ポストへ返却したうちの1冊が
未返却と表示されていた。

既に貸し出し期限を過ぎているので、赤の太字だ。
赤がマブしい。



自分は、この本を返したと確信している。
早速、揚々と図書館に電話をし、これを指摘した。


そしたら

予想外にも、職員らしき若い男性と、互いに
「自分とこには無いから、そっちがしっかりと本を探して見つけてくれ」
と、主張し合う破目になってしまった。


横柄な口調の職員は、どうせ返していないんダロ、と言いたげである

・・・図書館、最悪。




この職員に、自分も同じくらいに感じ悪く
応戦しようかと思ったのだが、できなかった。


何故なら、

この職員によって連呼された紛失本のタイトルが、
「大人の舌先養成講座」(石原 壮一郎著)だったからだ。

よりによって、何このタイトル…。



「返した」という主張までもが、舌先三寸に聞こえてしまう。
(これ考えすぎ)
その証拠に、この職員は、意図的にタイトルを強調するではないか。
(これも考えすぎ)



仮に、これが「産業財産権標準テキスト」とか「防衛実務小六法」とか
「主要条約集」とかいうタイトルだったなら、挙動不審になることもなく、
(なったのかよ)
もっと堂々と「返した」を主張できたのではないだろうか。


気持ちで負けた いいえ世間に負けた
(世間には負けてないダロ)



が、難しげなタイトルの本が、図書館によって
未返却とされてしまう事はない。

なぜなら、そもそも借りないからだ。
こちとら、手に取ったことさえない。(エバってみた)



ちなみにその後、図書館のアルバイトらしきとても感じのよい女性が
「図書館側のミスでした。」と本発見の連絡をくれた。


・・・図書館、最高。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メダカ


大さんのブログで紹介されていたアイディアを真似て
100均でこれを買ってみました。

スタンド式ルーペ(2倍)です。

DVC10002_20090303195029.jpg


撮影水槽にセットしてみました。

DVC10001.jpg


これを使って、近くSSサイズのコ達をアップで撮ろうと思います。
もっと、パワフルな虫メガネが必要かな・・・。



SS]成長中
寒い中、少し成長してきました。


見てくる1
こっち見るな。

見てくる2
・・・って、まだ見てるよ。勘弁してください。





 | HOME | 

プロフィール

めだか算 (めだかざん)

Author:めだか算 (めだかざん)
記事更新しつつ、FXのデイトレ。

ながらデイトレは、勝率が下がります。

最新コメント

月別アーカイブ

只今のマーケット

犬・猫の家探し

名言・格言集

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。